ES4A3288_Gray_386

技術

見えない二次元コード技術
「Grid Onput(グリッドオンプット)」とは

GridOnput_tech

Grid Onputとは

Grid Onputは極小の点(ドット)から構成される新しい二次元コード技術です。印刷されたドットコードを専用スキャナーで読み取ると、デジタルコンテンツへ直接アクセスすることができます。
Grid Onputのドットコードは48bit分の情報量を持ちます。カーボンインクで印刷された黒い点だけをドットコードとして読み取り、IDを判別します。約2mm角の範囲を1つのドットコードとして識別。IDだけではなく角度まで読み取ることができます。

Grid Onputの特徴

コードが見えないので、印刷物のデザインを
一切損ねません。
紙面をタッチするだけで、デジタルコンテンツ
を利用できます。
約300兆ものドットコードを発行することが
可能です。
同じドットコードの範囲内なら、
どこをタッチしても反応します。
数値情報だけでなく、XY座標も定義できます。
回転(角度)・傾き(明度)の検出も可能です。

ドットコードの印刷メカニズム

ドットコードの印刷メカニズム

ドットコードは下絵との重畳印刷が可能

ドットコードの印刷には赤外線を吸収するカーボンインク、またはステルスインクを使用します。下絵部分には赤外線を反射するノンカーボンインクを使うことで、重畳印刷をしてもドットコードだけを読み取ることができます。

ドットコード印刷の特徴

下絵部分とドットコード部分のインクを使い分けることで、重畳印刷が可能。
オフセット印刷機だけでなく、インクジェット・レーザーなどのオンデマンドプリンターでの出力も可能。
用紙の種類を問わず印刷が可能。またドットコードは画像データとして生成されるため、特殊なDTP生成ソフトなどは不要です。

Grid Onputが実現するテクノロジー

音声再生
音声再生

印刷されたドットコードを音声ペンでタッチすると指定した音声が再生されます。語学学習やインバウンドの場で活用いただけます。

手書き文字入力
手書き文字入力

ドットコードが印刷された専用紙上にスマートペンで書いた文字や図がデータとして取り込めます。

GStamp_335x223
タッチ判定/真贋判定

見えないドットコードの特性を利用すれば、偽造防止用などの真贋判定も容易に行えます。